うさぎの成長期 病気 治療 情報

2012年11月の記事ログ

2012.11.01

2012年11月の記事ログ はコメントを受け付けていません。

うさぎの幸せ

先日送られてきた、日本うさぎ愛護協会さんからのメルマガで捨てウサギが一向に減らないという内容のものがありました。

安易にウサギを飼った人が、実際の飼育が大変で手放してしまうのか、単純に飽きたのか、アレルギーが出たからなのか・・原因はわかりませんがとても悲しい事実です。

ウサギは躾も犬のようにはいかないし、体がデリケートな分度々、病院の世話になることで病院代もかかることが多いです。

簡単に飼える、というイメージは間違ってますね・・。

 

ウサギの繁殖についても、飼ってるウサギの子供がみたいから繁殖させるというのは、産まれた仔ウサギ全員を生涯面倒見れる、という場合以外はやるべきではないと思っています。

結局、産まれた仔ウサギを自分では飼えないから、里親を探すというのはどうかなぁ・・と思います。

里親詐欺の件もあるし、そういった経緯で里親募集のウサギを増やしてほしくないです。

優しい里親さんを待っている不幸なウサギたちのためにも。

 

飼っているメスウサギの子宮疾患の確率を低くさせたいから繁殖させる飼い主の人の話を先日耳にしましたが、どうしてそんな考えになるのか・・・。

出産しないメスウサギは子宮疾患になる可能性が高いからというなら、ウサギの子宮疾患が心配なら、避妊手術をするか、毎日の健康チェックをしてあげてほしいです。

もちろん、例えば産まれた仔全員をウサギが飼える環境にある親戚や身内の人間が引き取って、家族の一員として迎え、一生涯面倒を見ることがわかっているというような状況だったりすれば問題ないですが。

 

そんな一方で。。

不幸なウサギたちのために自ら動いている方たち、自分の飼っているウサギが幸せな生活を送れるように工夫している飼い主さん、本当に尊敬します。

 

うさぎの幸せは人間次第。。

 

これからますます寒くなっていきますが、私も自分の大切なウサギたちの健康管理をしっかりしていきたいです。モコはいつも寒い時期にうっ滞になりやすいので要注意なんです。

関連記事

コメントは利用できません。