うさぎの成長期 病気 治療 情報

2012年4月の記事ログ

2012.04.01

2012年4月の記事ログ はコメントを受け付けていません。

ウサギはグルメじゃない?

以前ウサギの専門誌かサイトで「ウサギはグルメではなく味覚はそれほど繊細ではない」と書いてあったのを思い出しました。

ずっとその言葉を真に受けていたのですが。。。

実際はウサギは・・・というか、うちのウサギはグルメでした。

なぜかというと、賞味期限の近いペレット牧草を食べなくなったからです。

賞味期限が切れてる!というなら当然風味も落ちるでしょうし、劣化してしまうので食べなくなるのもわかるのですが、我が家のウサギは賞味期限が4月20日のペレット牧草を4月に入った辺りから食べなくなりました。

開封したのも4月に入ってすぐぐらいだったのですが・・なぜか大好きだったペレット牧草を食べない・・もう好きじゃなくなったのかな~と思っていたのですが、試しに最近買ったばかりの同じペレット牧草を開封してあげてみたら。。喜んで食べていました。

それから新しいペレット牧草をあげているのですがずっと喜んで食べてくれています。

期限が切れているならともかく、期限の近いものの味の劣化具合までわかるとは。。。驚きました。

(味の変化がわかるのはモコだけで、きのこに関してはなんでも喜んで食べてくれていますが・・)

 

さすがに、期限切れのものをあげる人なんていないと思いますが、(最近食欲がなくなったきたかな?)と思っても特に健康に問題がない場合は、一度賞味期限を確かめてみると良いかもしれません。

(もっとも、ペレット牧草というものは湿気りやすいようで、食いつきが悪くなったらレンジで加熱して乾燥させると良いらしいのですが。)

ウサギって、グルメなんだな~・・・と関心した出来事でした。

 

換毛はつづく

いよいよ春到来・・と思いきや、まだまだ寒い日があります。

私は春と夏が大嫌い!!なので、ずっと秋と冬だけだったらいいなと思うのですが・・。

ウサギのことを考えると春と秋が体にはいいですね。やはりエアコンなどに頼らず、自然の気温で快適に過ごせるということは大切ですね。夏場にエアコンが止まったらどうしよう・・なんて不安になることないですし、外からの風はウサギも気持ちよさそうです。

ずっと換気をしていられるのでウサギのおしっこ臭(アンモニア)が部屋の中で留まることもないですし。

 

モコはすっかり復活し、元気いっぱいです。

病院で処方された薬も美味しいようで、喜んで飲んでくれています。

胃腸の薬なので、また胃腸の調子が悪くなったときのために獣医さんに言って家の常備薬にしたいです。

うちのウサギたちがかかっている病院の獣医さんはウサギに詳しい貴重な獣医さんです。

 

犬、猫に比べてウサギはまだまだ未知の部分が多い生き物です、獣医さんもウサギの病気や治療に関してはわかっていないことも多いのだと思います、だからウサギの病気について体について、積極的に学んで取り組んでくださる獣医さんはとっても貴重な存在なのです。

なかなかいないですからね・・ウサギに詳しい獣医さんって。

「ウサギも診れる」獣医さんはいるけど、「ウサギを診れる」獣医さんはなかなかいない。

でも運がよく、今のかかりつけの病院の先生はウサギを診れる方の獣医さんなので、他県からウサギを診てもらいにわざわざ来院されるウサギ飼いさんもけっこういるようです。

ウサギにとって、とてもありがたい存在です。

 

もう少し暖かくなったら廊下と他の部屋を開放してウサギたちにもっと自由なスペースを楽しんでもらおうと思っています。

もちろん、2匹同時に同じスペースに放すのは危険なので、1匹づつ。もともと、モコはリビングを自由に過ごしているし、きのこも広めのスペースで過ごさせているのでスペースの事でストレスはそんなにないかなと思うのですが、他の部屋に自由に行けるときはとっても楽しそうに走り回ったりニオイづけをしたり、部屋探検隊になっているので、そんな様子を見てこちらが楽しそうだな~と和みます。

モコの換毛は全然終わりそうにないですが、もう少し暖かくなった頃にはきっと抜け毛もおさまっているでしょう。(・・と思いたい)

 

ウサギの体調不良

モコがまた体調を崩してしまいました。今現在はすっかり元気なのですが3日の夜から元気がない、食欲もない・・という状態になり、便も出なくなりこれはうっ滞だと思いましたが、どうもこの前の状態と違うような気がして注意して様子をみていました。

 

今は換毛で抜け毛がすごいので胃腸の調子が悪くなるコが多いと思います。

モコもその1人(1匹)のようです・・。

じっとうずくまるように寝ていて、目はつらそうに閉じ気味になっていました。そのうち震えてくるようになりかなりお腹が痛いんだろうとわかりました。

時間が深夜になってしまったので緊急病院も終わってしまい、とにかく翌日かかりつけの病院に連れていくために朝になるのを待ちました。

長い夜が明けてきた5時頃になって、いきなり走り出したモコは急に野菜を食べ出しました。

・・・また、いきなり回復した様子。ホッとしましたが、それでもその日便はほとんど出ず、食欲もいつもより極端にないのでやはり夕方にいつもの病院へ連れていきました。

本人は様子はとても元気で走り回ったりしているのですが、食べないということは胃腸の状態が回復していないということなので病院で診てもらったのですが、原因はハッキリとはわかりませんでした。

獣医さんは腸閉塞かもしれないと仰ったのでうっ滞とは限らないようです。

血液検査をしてもらいましたが、血がいつもよりドロっとしていて水分不足ということで水分をしっかり取ることが重要だと言われました。

病院で点滴の処置をしていただき、帰宅すると食欲も元に戻りお水も飲むようになって心底ホッとしました。

とりあえず、今現在は元の元気いっぱいな状態に戻っているので安心しています。

水分をたくさん取るために野菜をたくさん与えるように言われましたが、普段からけっこうな量の野菜なので(これ以上お皿に乗らない・・・)、量を増やすというよりは与える回数を増やしてみようかと思っています。

2012.04.05

 こんな感じです。ずっと野菜の量はこれぐらいなので夜だけでなく朝も少しプラスしてみようと思います。

水分をあまり取らないウサギさんはサニーレタスなんかの葉もの野菜をたくさんあげるとよさそうです。

 

ちなみにきのこも病院に行きましたが、体重は頑張ってダイエットしているのに変わらず・・・;

獣医さんは「努力が足りないです」と言っていましたが、充分努力してるよねぇ?きのちゃん!

きのこの場合は体質のようです、人間でもそんなに食べないのにすぐ太ってしまう体質の人いますよね、ものすごく損な体質ですよね・・・。

かわいそう、モコの方がペレットだって倍の量食べてるのに。(なんだか不憫で泣けます)

とりあえずこれ以上体重が増えないよう、なんとか減量できるよう頑張らなければ(もう充分頑張っていますが。。)いけません。

あまりストレスにならないよう、野菜はたくさん食べてもらっています。

長生きできるように頑張ろうね。。(いや、がんばってるけどね・・←)

関連記事

コメントは利用できません。